便秘の4大原因とは

腹痛

便秘になる原因とはどういったものなのでしょうか。

3~5日以上便通がない、またはあっても量が少なかったり硬かったりする状態を便秘と呼びます。
毎日便通がある状態が普通なのに、どうして便秘になってしまうのでしょう。

便秘の原因は大きく4つに分けられます。

まずは「機能性便秘」と呼ばれるものが3種類あります。

・大腸の運動が低下して起こる「弛緩性便秘」
腸管の緊張がゆるんでしまったことで、ぜん動運動の機能が低下し、大腸に便がとどまってしまうものです。水分が吸収されてしまうので、便が硬くなってしまうのですが、女性に多いタイプの原因です。

・大腸の過緊張が原因の「けいれん性便秘」
副交感神経が上手く調節できずに、腸管が緊張しすぎて便がうまく運ばれないことが原因です。コロコロとした便になってしまうタイプがこれです。

・直腸に便が停滞してしまう「直腸性便秘」
便が直腸にたどり着いても排便反射がうまく起こらず、結果直腸に便が停滞してしまい、排便することができないタイプです。

あとひとつは「器質性便秘」と呼ばれるものです。
身体の器官に原因があって小腸や大腸の機能が上手く働かないタイプの便秘です。
主にイレウスや大腸がんなど深刻な病状が原因となっていて、通常の便秘とは違い、血便や嘔吐を伴う場合があるので、これらの症状が見られた時には、なるべく早く専門の病院で診察してもらうのがいいでしょう。

便秘の原因となるものは人それぞれですが、運動不足や水分不足、過度なダイエットや不規則な生活、ストレスなどにより起こるものも多いです。自分の便秘のタイプを知って、その原因の元となっているのは何なのか、適切に対処できるようにしましょう。

広告