死亡するなんてことあるの?

破裂

便秘は確かに辛いですが、でもさほど重大な病気とは考えないものです。

病院で受診しても下剤を処方される程度、と考えている人も多いと思います。

ですが、実際には便秘が続くと深刻な症状を引き起こしたり、最悪便秘で亡くなってしまうこともあるのです。

実際にあった事例では、便秘により便が腸にどんどん溜まった状態になり、腸が便を排出する力も無くなっていき、最後は腸閉塞になってしまったというものです。

また、便秘による宿便が腸に溜まっていき、それがとても硬くなってしまい、普通なら弾力のある腸が破裂してしまうまで重症化したケースもあります。

便秘の症状を改善させるために、水分を多くとったり、食物繊維やヨーグルト、乳酸菌などを積極的にとることも大事ですし、それでも改善されなければ下剤に頼ることもあるでしょう。
しかし、ひどい便秘が長く続くのは身体にとってはいいことではありません。
重症化して取り返しのつかないことになる前に、必ず受診することをおすすめします。

広告