漢方は便秘のタイプごとに分けて使おう

漢方1

便秘に悩んでいる人は多いですね。2人に1人は悩んだことがあるそうです。
便秘の改善、解消のために漢方薬を用いるというのもひとつの方法です。
便秘になっている人の体質を5つに分けてそれぞれに効果のある漢方薬を紹介します。

「熱タイプ」の便秘には
体力がありのぼせ頭痛がするタイプの人には「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)や、大承気湯(だいじょうきとう)などで消化器官の通りを良くし、お通じの改善をさせるのがいいでしょう。

「寒タイプ」の便秘には
便秘と下痢を繰り返しているようなタイプの人は、「桂枝加芍薬湯」(けいしかしゃくやくとう)、「人参湯」(にんじんとう)などが効果的です。身体を温める、胃腸の機能を改善させるのが良いでしょう。

「気滞タイプ」の便秘には
大柴胡湯」(だいさいことう)や、「加味逍遙散」(かみしょうようさん)などで気のめぐりやホルモンの分泌を良くすると効果が期待できるでしょう。

「気虚タイプ」の便秘には
消化機能を促進して、胃腸を丈夫にしてくれる「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)が効果ありです。

「血虚タイプ」の便秘には
習慣性の便秘になりがちなタイプですが、腸を潤す「潤腸湯」(じゅんちょうとう)や「麻子仁丸」(ましにんがん)などがいいでしょう。

広告